経理のアウトソージングならココ!経理代行ガイドTOP » 経理代行とは?知っておきたい基礎知識 » 番外:どちらが優秀?会計ソフトVS税理士

番外:どちらが優秀?会計ソフトVS税理士

経理業務を行う際、会計ソフトと税理士、どちらがより優れているかを比べてみました。

会計ソフトと税理士のメリット・デメリット

税理士のイメージ

経理代行を検討する方の中には、会計ソフトと税理士を、天秤にかけて考える方がいらっしゃいます。

特に経理業務のうち、記帳業務については、会計ソフトがあれば税理士に頼む場合よりもコストが節約できるのでは?と感じる方が少なくないようです。

たしかに、世の中にはいろいろな会計ソフトが出ていて、多くの企業が導入しています。しかし、それでも経理代行を依頼する方が多いのは、会計ソフトを使いこなすのが想像以上に大変だからです。「ソフトの購入後に、結局は経理代行に依頼する」ということになってしまうこともあるようです。

会計ソフトと税理士による経理代行のメリット・デメリットを比較してみます。

 メリット・デメリット 【会計ソフト】 【経理代行】
コスト 導入や更新に費用がかかる 代行費用がかかる
労力 入力の手間暇がかかる 不要
パソコンのスキル 一定程度は必要 不要
経理の知識 仕分けなど基礎知識が必要 不要

比べてみますと、会計ソフトよりも経理代行にメリットがあることは明らかです。 詳しく説明してみましょう。

業務を丸投げできる経理代行がおすすめ

自社に会計ソフトを導入しても、実際の入力作業や仕分け作業は人間がしなくてはいけません。つまり、人件費がかかってしまいます。また、経理について確かな知識がない人が入力していると、ミスがあってもわかりません。

かたや税理士や会計事務所に経理代行を依頼すると、入力を含む経理業務はすべて請け負ってもらえます。しかも、節税等に配慮しながら、経理業務をおこなってくれます。経理代行を導入すれば、人件費を節約しながら正確な経理が実現するというわけです。

しかし、税理士に勝るとはいえない会計ソフトですが、いまや経理にはかかせないツールとなっていますし、今後も経理の強い味方でありつづけるはずです。

これからの会計ソフトとして期待されるのがクラウド型の会計ソフトです。ネット上に帳簿のデータを置くクラウド型の会計ソフトを利用すれば、経営者が社内に帳簿がある感覚で、しかも税理士とリアルタイムに情報を共有しながら、経理データをスピーディーに経営に活かすことが可能になります。

ページの先頭へ