経理のアウトソージングならココ!経理代行ガイドTOP » 経理代行とは?知っておきたい基礎知識 » 導入のタイミング

導入のタイミング

ここでは、経理代行サービスの導入タイミングについてのアドバイスをまとめます。

今この時が始め時!経理代行を委託すべき理由

経理代行のイメージ経理代行サービスを検討し始めるきっかけとして、最も多いのが経理担当の退職です。

「経理担当が突然、退職を願い出てきた」「経理担当が産休に入るのに、後任が決まらない」と慌てている会社は少なくないはずです。

新たな人を採用したいからといって、短期間で条件に合う人材を見つけることは困難です。

しかも、募集期間や引継ぎなどに、ある程度の時間はかかります。よって新規に人材を採用して経理不在を乗りきるというのは、かなり難しいと考えられます。

経理代行サービスの導入は、特にいつが適しているというタイミングがあるわけではありません。しかし、引継ぎや準備期間を考えると、経理担当者の不在など、差し迫った状況になる前に、余裕をもって準備をしておくことをおすすめします。

専門業者に依頼するメリット

ところで、経営者の中には、社員に経理を任せること自体に、消極的な人も少なくありません。

その理由はさまざまですが、たとえば「今までも何人もの経理を採用しては辞められての繰り返し。お金も時間もかかるしうんざりする」という方や、「過去に雇用した経理と性格があわず、嫌な思いをしたのでもう採用したくない」「思い切って採用したことはあったがミスが多いし、仕事は遅いしで大変な目にあった」という方がいらっしゃいます。

その他、「社員に経理を任せて会社の数字や経費の使い方、財務状況、他の人の給与などを全部見られてしまうのに抵抗がある」という声も聞かれます。極端な話ではありますが、経理の社員にお金を不正に使われてしまった、という事件も起きるときには起きてしまいます。 社内の人間に経理を任せることは、必ずしも良いことばかりではないのです。

業務品質の面でも、費用対効果の面でも、社員から経理代行サービスへの切り替えはメリットが大きいといえます。「経理の採用を考えている」「経理の効率化・高品質化がしたい」「社員以外で任せられる人はいないか」とお考えの方は、経理代行サービスを提供する会計事務所に相談してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ