経理のアウトソージングならココ!経理代行ガイドTOP » 経理代行とは?知っておきたい基礎知識 » 年末調整代行

年末調整代行

ここでは、経理代行サービスの中でも、年末調整代行についての情報をまとめています。

繁忙期の業務負荷を軽減

年末のカレンダー年末調整とは、年末にその1年間で所得した金額が確定した際、源泉徴収された所得税の金額と実際に納めるべき所得税の誤差を計算し、その差額を徴収あるいは還付する手続きです。

あわせて、保険料控除(生命・損害保険等)や、配偶者特別控なども、年末調整で行われています。

年末調整を行う12月というのは、シーズンによる仕事量の変動が大きいとされる経理業務のなかでも、ピークの時期にあたります。

なぜ年末調整業務が大変かというと、第一にタイトなスケジュールの中でこなさなくてはならない点が挙げられます。年間の給与総額が確定する必要があるため、12月の賞与支給後に、12月分の給与支給と同時に短期間でおこなわれます。経理担当者としては、年末の繁忙期にさらに業務量が増えて、膨大な負担がかかるわけです。

こうした事情から、「通常の給与計算業務は社内で対応していても、年末調整だけは代行業者に依頼する」という会社も数多くみられます。

外注できる年末調整の実務とは

年末調整の業務は、11月頃から下準備にとりかかります。

「配偶者特別控除申告書」「扶養控除等(異動)申告書」「保険料控除申告書」「住宅借入金等特別控除申告書」を従業員に配布。記入を要請します。

そして各従業員から必要な書類が回収されたら、控除される金額額などを計算し、源泉徴収税額との過不足額を計算します。

また、年末調整を行った後には、「源泉徴収票」と「給与支払報告書」の作成という事務手続きも発生します。「源泉徴収票」は2枚作成し、1枚は社員に配布、残りの1枚は税務署に提出します。

「給与支払報告書」のほうは、各自治体が住民税額を算出するための基データとなり、社員の居住する区や市町村に送られます。

経理代行業者が提供する年末調整代行サービスでは、給与台帳、各種申告書や添付書類(生命保険料控除証明書など)を渡せば、申告書の内容チェックから調整額の計算、年末調整に伴う一連の事務手続きまでを、まるごとアウトソーシングすることができます。

ページの先頭へ