経理のアウトソージングならココ!経理代行ガイドTOP » 経理代行サービスを依頼するときの業者の選び方 » 無料相談をしてみる

無料相談をしてみる

ここでは、経理代行業者を選ぶポイントとして、無料相談を受けてみる重要性について解説していきます。

人柄に触れる大切さ

無料相談のイメージ税理士や会計士を評価する最も確かな方法のひとつが、実際に一度話をしてみることです。多くの経理代行事務所で、無料相談を実施していますから、利用することを強くおすすめします。

経理業務をまるごと専門家に任せることができる便利な経理代行サービスですが、そのパートナー選びには、これ以上ないくらい慎重を期さなくてはなりません。

なぜなら、経理を託すということは、経営のコアな部分を任せることになるからです。経理代行パートナーには、社員には打ち明けられない、かなりデリケートな経営事情を伝える必要があります。たとえば、負債の内容や資金繰りについても包み隠さず見せることになります。借り入れ、報酬など、出しづらい情報を安心して託すことのできる相手かどうかを見定めるには、直接コミュニケーションをとりつつ相手の人間性を確認するしかないといえます。

無料相談とは、信頼性を判断できる重要な行程である

実際に経理や経営についての質問をし、それに対する相手の態度や回答内容を評価します。

確かな仕事をしてくれる税理士は、共通してこちらの企業規模や契約内容にかかわらず、親身に話を聞いてくれる姿勢を示してくれます。逆に、「こちらの話をさえぎり自分の話したいことだけ一方的に話す」「専門用語ばかりを使い、上から目線を感じる」といった印象を受ける税理士は要注意です。

また、相談することは、代表する税理士の人間性だけでなく、組織としての業務の品質や対応力を評価することにも役立ちます。

電話での応対を通じて、「誠実か」「丁寧か」「てきぱきしているか」といったところが見えてくるからです。 経理代行サービスというのは、遠隔からのサポート力が命です。自社に常駐してもらえませんから、疑問点の問い合わせにしても、データの引渡しにしても、顔を合わせないやりとりが基本になります。電話やメールによるコミュニケーション能力や対応力が高い事務所でなくては、満足のいくサービスは期待できないといえるでしょう。

ページの先頭へ